糖質制限ダイエット −ダイエットを成功に導く糖質と血糖値の関係−

糖質制限ダイエットは脂肪を出来にくくするからリバウンドしない

身体のメカニズムでは「血糖値を緩やかに上昇させる」ことで、脂肪の合成を高めて脂肪の分解を抑える「インシュリン(肥満ホルモン)」の分泌が緩やかになり、過剰に分泌されません。言い換えれば脂肪をを造りだすインシュリン(肥満ホルモン)の分泌が抑えられる事で「脂肪が出来にくく」なります。結果として「太りにくい」や「太らない」となります。そのため、ダイエットでは「血糖値を緩やかに上昇させる食品」を食べることが大切です。
血糖値を緩やかに上昇させる食品は「低GI食品」と言われ、代表的な低GI食品が大豆です。中でも大豆の皮の豊富な栄養素と食物繊維が丸ごと含まれる大豆全粒粉がおすすめです。大豆全粒粉に含まれる豊富な食物繊維、脂質、たんぱく質などの成分が、摂取した糖質の吸収を抑えることで「血糖値上昇」が緩やかになり、過剰なインシュリン(肥満ホルモン)の分泌が抑えられます。その結果、脂肪が出来にくくなり、「脂肪が出来ない=太らない」とるため、ダイエット効果が高くなります。ダイエットでもっとも大切なことは、「脂肪」を作り出さないことです。すなわち、脂肪を作り出し、脂肪の分解を抑える「インシュリン(肥満ホルモン)」を必要以上に分泌させないことです。

 

糖質制限ダイエットでダイエット効果抜群な食品は「大豆全粒粉」が原料の低GI食品

大豆の食物繊維を無駄なく摂るには、大豆を丸ごと製粉した「大豆全粒粉」が一番です。(皮を取り除いた大豆粉や豆乳よりも食物繊維が豊富で、イソフラボンなどの女性に嬉しい栄養素もそのままたっぷり含まれています)
大豆全粒粉で作られた大豆専科ソイコムのソイズケアバーは、糖質の吸収を緩やかにする「低GI食品」+豊富な栄養素を含む「栄養補助食品」で、糖質制限ダイエットに最適なパートナーです。ソイズケアバーを食べてから運動をすることで消費カロリー(熱量)が大幅に増え、体脂肪燃焼にとても効果的です。運動をしなくても、糖質制限によって基礎代謝が大幅に向上するので、日々の生活の中で十分に体脂肪燃焼がされます。また基礎代謝の向上により、脂肪燃焼が十分に行われる体質へ変化していき、痩せやすい体質になります。
※低GI食品とは過剰な体重増加、肥満や糖尿病の発症リスクを低減させる可能性があると期待される食品です。

 

大豆専科ソイコムの糖質制限食品は圧倒的に腹持ちがよく、体脂肪の増加を防ぐ

大豆専科ソイコムの糖質制限食品はゆっくりと消化と吸収をするため、満腹感が持続する大豆の栄養が豊富な栄養補助食品です。
ゆとりのある朝には食パンに比べ糖質が1/11のビゴーレソフトや糖質ゼロのピタパンで朝食、食事時間が不規則になりがちな忙しいOLやビジネスマンの簡単な昼食や夕食までの間食、育ち盛りの子供たちのおやつには1本あたり糖質5.2gのソイズケアバーやビスケットに比べ糖質1/24のソイズケアビゴーレブロックで効率の良い栄養補給がお勧めです。
また、大豆全粒粉の焼菓子である「ソイズケアバー」「ソイズケアビゴーレブロック」は、食べてから最大で5時間は糖の吸収が抑えられることで糖の代謝が促進されるため、普段と同じ食事を摂っても体脂肪の増加を防ぐことが期待できます。

 

※炭水化物から体内に吸収できない食物繊維を除いたものを「糖質」と言います。
※参考:キャベツ葉っぱ1枚(100gあたり)は糖質が3.5gです。